FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



プラチナ組み必見?!Rainbow Six Vegas対人極意

Rainbow Six Vegas2発売間近ということで本日から不定期で対人戦の極意というか、基本的な立ち回りについてMAPごとの戦い方というものを参考になるかはわかりませんが書いておこうと思ってます。

まずは第一弾としてかなり多く遭遇することになる「カジノ金庫」です。

基本的なMAPはうろ覚えですが以下のようになってるはずです。
1F見取り図

2F見取り図

※青点線のところは矢印の方向へ回っていかないと上がり下がりができません。
リスポーン地点はMAP上のαとβ(ブラボー)に対応しています。
また、色分けされた赤線枠は階段という設定なので移動できます

少し見づらいですがこのようになっています。
まず基本的な設定から。
禁止武器:GPS・焼夷弾・C4・XM・PSG1(自分がホストする時の基本設定)

武器スロットには動体センサーとブリーチ
よく初心者中級者に見られがちですが、フラグで敵を殲滅することには意味がありません。
基本的にフラグは篭りのキャンパーに使うものです。むやみに投げないようにしましょう。
(初級者・中級者ではキル数稼ぎにフラグは有効である。稼ぎたいならそれでもよし)

この武器にした理由から説明します。
まず「動体センサー」について。
基本的にあまり武器スロットに入れられない武器の1つの動体センサーをなぜ使うのか?
基本的にこのゲームにおいて重要なのは敵の作戦、あるいは行動を知るということです。
もし相手がSG(ショットガン)の場合、かなりうまくなければたいてい角で鉢合わせたときにやられてしまいます。そのような場合に事前にその動きを知っていれば対処できます。
また自分が狙撃ポイントでキル数が稼げる場合においても裏に回らせない、仮に回ってきたとしても対処ができるように仕掛けておくとかなり有効になります。そういった面においてこの動体センサーというものは重要なのです。

次に「ブリーチ」についてです。
基本的なブリーチのする役割は2つ。キルを稼ぐことと相手の行動を制限することです。
初心者の場合はまずブリーチを使うのは避けましょう。一歩上のレベルへのステップアップ用の装備だと考えてください。
まずキル数を稼ぐことについてですが、基本的にはスネークカム+爆破で大丈夫です。ただこのあと論じる実践編のほうで詳しく述べますがそれ以外でも方法はあります。
次に、行動を制限するというのは上のキル数を稼ぐことに通じますが、普通フラグありの部屋でブリーチを使う人はいません。しかし、あえて使うことにより、相手に扉へ近づくことの恐怖を覚えさせるのです。そうすれば、相手は扉へ近づくことを避けるもしくはフラグで爆破させていくしかなくなります。そうすれば相手のフラグ数も稼げるし、混乱させそこをメイン武器でいただくということもできます。

以上のことが武器スロットに2つを入れた理由です。

次は実践です。以上のことを踏まえてαチームの場合です。
基本的にはバックアップも兼ね、死なないようにキル数を稼ぐ方法をとります。

まず基本的に動体センサーを仕掛ける場所です。
※最初は3個しかもてないのであえて前線に出て死ぬことによりいくつか動体センサーの数を稼ぎましょう。また赤がアルファ、青がブラボーの理想的な動体センサー配置です。●が動体センサー、-が光の方向です。
1F見取り図1
2F見取り図1

以上が基本的な動体センサーの使用例です。
この配置は重要なポイントをかなり抑えているはずです。
この動体センサーの位置にしっかりと仕掛けておけば奇襲に対して有効的です。

次にブリーチの仕掛け方です。
※■がブリーチ、自分が●です。また、紫がアルファ、翠がブラボーです。
1F見取り図2
2F見取り図2

以上のように配置します。ただ、①②③のところは注意してください。
①:αリスポン側から仕掛けることによって小部屋(①の右正面のS字部屋)から出てきた敵を狙います。ただ、見つかりやすいため、近くの机を遮蔽物にし、待ちましょう。このとき2階を回る敵に発見されないように気をつけて遂行してください。また、2Fの黄色■のところのブリーチも①の応用です。タイミングをよく見て遂行してください。

②:本棚にカバーして待ちましょう。右側を空けて左側を閉めると見やすくなり、相手からもブリーチが仕掛けられていると思われなくなります。このときですが、小部屋から出てくる敵に気をつけてください。横から丸見えなので動体センサーをフルに活用することによって危険を避けてください。

③:これは中から仕掛けてください。大外から回ってくる敵を殲滅します。待機する場所は一番外のしゃがんでカバーできる棚の後ろです。結構タイミングがシビアなので気をつけてください。

以上がブリーチの基本的な?仕掛け場所です。これがうまくいけばかなりキル数が稼げるし、一目置かれるはずです。

最後に基本的な狙撃ポイントをお教えします。
※赤がアルファ、青がブラボーです。●は自分。-は射線をあらわしています。
1F見取り図3
2F見取り図3


ここで①と②についてですが、ここではバグがあり、頭は見えないけど銃が突き抜けて撃てるというのが発生してしまいます。できるだけ使わないようにしましょう。ただ、相手はかなり使ってくるはずです。また、載せませんでしたがブラボーリスポーン近くの廊下の一番奥のしゃがんでカバーできるところを上に頭を出し銃を向けるとこれも弾がすり抜けます。気をつけてください。最奥のところは立ってても頭が見えないこともあります。気をつけて戦ってください。

また2Fですが、アルファでもブラボーでも2箇所狙えるポイントがあることが図でわかると思います。アルファでは小部屋とブリーチポイント②のところから出てくる敵を狙えます。またブラボー側からの2箇所のところはリスポーンをでて直ぐの大部屋に入ろうとする敵とアルファリスポーン横の廊下を右に曲がって大部屋に入ろうとする敵を狙えます。ただ、2箇所ともかなり狙われるため腕がないときついかもしれません。気をつけてください。

いかがだったでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。今話した動体センサー、ブリーチ、狙撃ポイントなどはチームが押していたりしないとできないようなポイントもあります。これ以外にも自分でポイントを見つけて効果的に敵を殲滅し、テロリストを排除しましょう。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

固定資産税を計算してみよう

固定資産税の検索サイト。計算方法、減免、固定資産税評価額、計算、マンションなど固定資産税に関する各種情報をお届けしています。 http://gooday.atmormortgage.com/

【2008/12/09 04:50】 #-(URL)[編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kohaku360.blog102.fc2.com/tb.php/51-cdc67adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。